Art Works

Metal Works  彫金作品

Still life

銅、銀メッキ

 

Still lifeシリーズは、一枚の金属板から虫を糸鋸を使って切り出し、土台の板と一部分をつなげたまま立体的に制作したものです。ロウ付けなどは行わず、切る・曲げるという加工のみで仕上げました。

 

 Still lifeとは、西洋美術で静物画を指すことばです。

中世ヨーロッパで絵画の1ジャンルとして確立された静物画では、美しく満開の花を生けた花瓶の足元には必ず枯れた花を描くなどして、対比するモチーフで現世の無常や死の不可避性などを表すことがしばしばありました。この作品では、切り抜かれた跡と立体の虫が「静と動」や「無と有」として対比されています。

 一枚の板から切り離さずに仕上げることによって、生きる場所や条件から逃れられなくとも、あるがままに生きるものの姿を表現しました。

 

Still Life

Copper, Silver plate

 

  Every work is made from only one sheet of copper. After cutting the shape of insect by hand with a metal saw, it is shaped in three-dimension only by bending. Any piece is not cut off from the sheet. The insect preserves its connection with the original metal sheet and it is not soldered.

  “Still life” means a picture of an arrangement of objects in Western art. As a settled way of manner in the middle ages of Europe, the contrast of life and death was painted. For example, when beautiful flowers in full bloom are painted, withered ones must be there. With contrasted motif, mutability or inevitability of death was expressed. These works which consist of the clipped-out holes and cubic insects show the comparison between unmoved and action, or nothing and something.

 

  I have finished to create insects without cutting them off from the sheet, which shows figures of life as they are. 

[ 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012 ]

  銅、色箔、黄化

 

越後松之山森の学校 キョロロでの展示のために制作した作品です。

松之山に生息する虫をモチーフに展開しました。

 

Echigo-Tsumari Art Triennale 2012

 

  Copper, Colored silver leaf

 These artworks are made for the exhibition at Echigo-Matsunoyama Museum of Natural Science.

Viva la Vita

ステンレス、MDFボード、塗装

 

Still Lifeシリーズと同じく、一枚の板から切り離すことなく立体的な形を生み出しています。

都会でも目にする植物をモチーフに、アスファルトの中に閉じ込めておけない植物の力強い生命力を表現しました。

 

Viva la Vita

Stainless steel, MDF board, acrylic color 

Ornament Plants   多肉植物シリーズ

Enamel & Porcelain  七宝・上絵付け